会社設立をして運営するために必要となる、運転資金

案内は大切

株式会社設立時の案内は大切です

株式会社を設立したときには案内を忘れずに送付しましょう。メールでもいいですが、可能でしたら封書で送付するようにしましょう。ハガキに事業内容を記載して送付するのではなく、会社の説明資料を封書で送付するのが礼儀です。会社を設立すれば社員のように雇用されていた時とは違い、人や会社のつながりがビジネスチャンスにつながる機会が増えてくるものです。

株式会社を設立したときの案内状は印象に残ります。案内状にどういうビジネスを展開していくかを記載し送付すれば記憶に残るものです。会社員時代の知り合い学生時代の知り合いに自分が設立した株式会社の案内をパンフレットで案内すれば、しばらく連絡をとっていない相手でも興味を持つものです。たとえば、通信販売の事業を始めた場合でも、昔の知り合いに株式会社設立設立のお知らせを送れば優良顧客になってくれるかもしれません。

会社を立ち上げてから一番悩むのは顧客と取引先の開拓です。営業を開始してから電話営業やDMで地道に新規開拓していくのもいいですが、一番簡単なのが、開業時のお知らせです。全く知らない人とのコネクションを構築していくよりは、昔の知り合いにアナウンスしたほうが早いのは当たり前です。開業時のお知らせに力を入れれば、開業当初から取引先や優良顧客を抱えることになります。何もない状態で始めて、地道に新規開拓を続けていってもいいのですが、それでは、利益がまわってくるまでに時間がかかります。

開業当初からある程度見込みが立つのと立たないのとではモチベーションが違ってくるものです。新規開業して地道に新規開拓を続けていくことほど精神的にキツイものはありません。0からのスタートではなく、過去の人脈を利用して安定したスタートを切るためにも開業時nお知らせには力を入れて行いましょう。恥ずかしがって、行わない方もいますが、ビジネスを立ち上げた以上はそういうことは言ってられません。景気後退後の競争が激化した時代では、いかに優良な顧客や取引先を開拓するかでビジネスの成否は決まります。

会社開業の準備が進んで行きましたら、開業のお知らせにも力を入れていくようにこころがけましょう。どうしても蔑ろになりがちな開業時のお知らせですが、一番簡単なマーケティングだということを忘れないでください。昔の人脈を思い出し、どういう人かを思い出しながら、心に残るような開業のお知らせを作り、送付していきましょう。”